【Previous post is here / 前回からの続きです】

Bring stalks back to home and soak clear running water as soon as possible.

前回、刈り取りをして持ち帰った苧麻をすぐに流水につけます。以前は清水に浸けたそうです。

 

Put stones carefully not to scratch stalks. Once scratched, the inside of the skin color turn to brown. Soaking is for not to dry out and helps make the skin easy to strip off.

流れてしまわないように、そして傷を付けないように慎重に重しをのせます。少しでも擦ってしまつと茶色く傷んだ繊維になってしまいます。

 

Put stalks on the work table.

そして台の上に置いて作業を始めます。

 

Hold the stalk a little right side of center, then push it and break the stem first.

まず中央より少し右手に持ち、両親指でグッと押して中の芯を折ります。

 

Treat them very careful not to hurt the skin.

この時、皮を傷つけないように茎だけを折るようにします。

 

Then get rid of the stem from right side. Make sure inside of the fingers always toward the stem side, not skin side.

次に右手から順番に芯を指にくるむようにしながら芯から皮だけを剥いでいきます。

 

Then left hand. Do the same thing to hold with inside of fingers toward the stem side to not to make it in trouble.

右手が終わったら左手です。常に指の腹部分が芯をくるむように手を添わせます。

 

Get rid of the stem in this way, then lined up these two pieces of the skin root side the right.

こうして芯を取り除き、上下2枚の外皮を根元側が右になるように揃え置きます。

 

Soak in fresh water again.

芯を取り除いた苧麻の皮はまた、しばらく水に浸けておきます。

 

Not to waste stems, dry them and bring them back to the yard next morning to make them a fertilizer.

取り除いた芯も無駄にはしません。乾かしてから畑に戻します。この芯のことを「苧(お)がら」というのですが、苧麻ではなく大麻の乾燥した苧がら(麻(お)がら)はお盆の迎え火、送り火に使われることもありますので、「あ、そう言えば見たことある」と思われる方もいらっしゃるかも知れません。

 

This is a workspace previous car shed. We can see various ingredients and stuffs like fruit, straw, fiber, bamboo leaves for cooking, knitting or making tools on the top shelf.(to be continued)

こちらが作業スペースでもある車庫です。頭上には食材や木の実、笹の葉、藁、麻など、自然の恵みが沢山蓄えられています。(続く)

 


 

<References>

(1)  Karamushi Cultivation Technique And Extracting Fiber(brochure)
        (昭和村からむし生産技術保存協会パンフレット)
(2) http://www.vill.showa.fukushima.jp/making.stm

Published by yo-yo

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA