Hi everyone/皆さんこんにちは

I’m going to write about ”Hundred Years Ago” about Yokohama, Japan for @aaronli’s photo contest of “A City a story” . I also would like to nominate to a project of “1001 places to remember” by @archisteem.

今週も@aaronliさんのフォトコンテスト「ひとつの街にひとつの物語」に参加させて戴きます。今回のお題は「100年前」ということで、何を書こうかちょっと迷ったんですが先日訪問した横浜について書いてみたいと思います。またこのポストで@archisteemさん主催の「覚えておきたい1001の場所」のプロジェクトにも参加できればと思っています。

Yokohama is well known as a first place to open our country to overseas after Edo period in 19th AD, and lots of Europeans and Chinese people came visit for foreign trade and Yokohama chainese town was happened around 1900.

横浜と言うと「開国」や「中華街」のイメージがありますが、ペリーの黒船来航をきっかけに1859年に開港とされているので今から約160年前のことになります。一方で開港と同時に欧米人と共に中国からも多くの人々が来往し、1900年以降に中華料理店が増え、南京街(後の横浜中華街)と呼ばれるようになったという歴史があるようです。

 

This is Kanagawa Prefectural Museum of Cultural History. I wished to visit there, but unfortunately it was closed on Monday so I just enjoyed outside looking. I took this photo with Olympus camera TG-4 with fisheye lens, so it’s a bit interesting image… but good for architecture shooting.

こちらは宿泊したホテルの最寄り駅「馬車道(ばしゃみち)駅」の直ぐ近くにある神奈川県立歴史博物館です。残念ながら今回滞在した3日間のうち、フリーの日は月曜日しかなく、博物館は休館。でも国の重要文化財というこの洋館を外から楽しむことができました。ホテルの窓からもバッチリ見えてラッキーでした。今回はOlympusのTG-4というカメラ📷に魚眼レンズを付けて撮影しています。魚眼レンズは建造物全体を撮るのに適していますが、コンデジなのでちょっと歪みが大きすぎるのがたまに傷ですが…それもまぁ、面白みということで…^^;

 

This building once was a bank, and it was built in 1904… means 114 years old. It is said the design was influenced by German modern modern architecture. I wrote another article about a classic bank in Kyoto the other day, and the building was built in 1906, so it’s quite close but different looking… it is interesting.

元々は横浜正金銀行の本店だったという建物のようです。この建物はドイツの近代建築の影響を受け明治37年(1904年)に建てられたとありますから、築114年ということになりますね。ちなみに、以前に紹介させて戴いた京都文化博物館の別館(旧日本銀行京都支店)は明治39年(1906年)の竣工ですが、また雰囲気が全く違うのが興味深いです。

 

We can see many classic things around this area, but I didn’t have enough time to explore, so maybe another time… I visited Japanese garden “Sankeien” which was built in 1906 instead, but I’d like to write about it another time 🙂

 

馬車道ももっとゆっくり歩いて回りたかったんですが今回は半分仕事で滞在したので残念ですがまたの機会にとなりそうです。結局この日は月曜日でも開いている「三渓園」という日本庭園の見学へ出掛けました。三渓園についてはまた別の記事で書いてみたいと思います。


 

I visited China town for eating lunch. This is a entrance of Chinese town.

そして中華街でランチを戴くことにしました。先日@amblogさんも書かれていましたね! こちらが中華街の入口ですが、今回は三渓園からのバスの都合で裏側(西側)から侵入。

It was almost lunch time so many people are there. I went to a local Chinese restaurant and it was quite cheap and good. I felt like I was in China because every stuff speak Chinese each other. It was dynamic.

平日でしたがランチ時ということもあり、とても混雑していました。私は中華街の外れにある魚が自慢というお店で定食ランチを戴きました。日本の中華料理は優しい味にアレンジされていることが多いですが、ここは本場のお店という感じ。店内は地元のサラリーマンや一般客で満席で、従業員さんの間では中国語が飛び交っていてお料理も接客もとてもダイナミックで素敵です♡(また別で記事にします)

This is one of main street of Yokohama China town.

街の外れからメイン通りへ移動すると観光客向けのお店がズラリと立ち並んでいます。小籠包のお店が開店して直ぐだったようで長蛇の列ができていました。

There’s some my favorite sweets but unfortunately they are fresh one, so I couldn’t bring them back… so I bought another one which keep longer than fresh sweets.

マーラーカオや桃まん好きの私にはたまりません😂 …と言っても、まだ滞在初日だったので持って帰ることはできそうになく、購入は断念しました。代わりに重慶飯店の番餅を買いました。重たかったけど…好きなものには苦労は惜しみませんw


This is an international exhibition hall, Pacifico Yokohama.

そしてこちらが先日も記事にしたイベントや展示会場であるパシフィコ横浜です。

There’s another international exhibition hall next to Pacifico, it is going to built up till 2020 spring time.

パシフィコ横浜の隣にも2020年の竣工を目指してMICE施設(複合展示施設)が建設中です。


 

There’s a big Ferris wheel too.

横浜のランドマークを一望できる華やかな大観覧車「コスモクロック21」

 

This is Yokohama Red Brick Warehouse. There’s 2 buildings and 1 was built in 1913, the other was built in 1911. Those were built by the Meiji government to play the role of bonded warehouse. There’s lovely cafe or fancy shops now.

こちらはお洒落な店が並ぶ「横浜赤レンガ倉庫」。1号館は1913年、2号館は1911年に保税倉庫の役割を担って明治政府により建てられたそうです。こちらもちょうど100年ほどですね。


 

This is a huge station of Bashamichi. Some elders couldn’t find elevators nor escalators so they bring bags by them selves. Modern is good, but sometimes a bit too much.

こちらは横浜高速鉄道馬車道駅のとにかく広い構内です。年配の方はエレベーターやエスカレーターが見つけられず、大きな荷物を持って階段を上がっておられました。

This is also part of Bashamichi station, we could see some exhibit items which once was doors or bank safe around 100 years ago around this area.

これも馬車道駅構内ですが1929年(昭和4年)に建てられ、この駅の地上部にあった旧横浜銀行別館(元第一銀行横浜支店)の金庫扉や貸し金庫、階段の手すりなどが展示されていました。

This is also a part of Bashamichi station. We could see some people behind umbrellas. This is only a few people, but I saw many people lay down because it is warm and no rains. I introduce some places in Yokohama which is considering a symbol of modernization town with attractive buildings, but probably because of that, I felt more the difference/gap of the ideals and a reality. I hesitated even took this photo, but I did it the last day just before I left there. Thank you very much for reading. 🙂

そして同じ馬車道駅構内で、等間隔に傘を広げて身体を休める人たちがいました。これはほんの一部で、まだまだ沢山の傘が見られました。なんと言いますか、今回紹介したパシフィコ横浜や超高層マンションに高級ホテル、華やかな観覧車、輝かしい未来を彷彿とさせるみなとみらい」という名前の駅…こういったものとの対比をせずにはいられない光景でした。これは横浜に限ったことではないでしょうが、きっとその差が大きいことで目に止まってしまったんだと思います。写真を撮るということもどうなんだろうとずっと迷いながら、最後の日に少し遠くから撮影させて戴きました。難しい問題ではありますが、この違和感を感じないようになる日がくればいいなと帰途につきました。

Published by yo-yo

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA